• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • デンカ生研

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】1月13日(土)第19回Wリーグ公式戦-第17戦-vsアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

お知らせ

NEWS
2018/01/14

【試合結果】1月13日(土)第19回Wリーグ公式戦-第17戦-vsアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

1月13日(土)第19回Wリーグ公式戦-第17戦- 

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
2018年、最初の公式戦はアウェイ戦。大雪の中、愛知県碧南市臨海体育館に乗り込みアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスとの対戦!
第1Q開始直後、約2分間両チームともに得点が入らない拮抗状態を破ったのは#11井上の3Pシュート。その後も#31木暮のドライブインからのシュート等でリードを奪うも、徐々に追いつかれ一進一退の攻防。第2Qに入っても、ディフェンスが機能し相手の攻撃を防ぐものの、オフェンスでシュートが決まらず徐々に得点差をつけられる嫌な流れに。後半に入ってもその流れは変わらずじわじわと点差が広がり、17点差を追いかけ最終クオーターへ。
第4Qに入ると徐々に流れを引き寄せはじめ、#16山澤、#10大濱の連続得点などで点差を縮め、チームは追い上げムードに。しかし、あと一歩及ばず53対47で試合終了。悔しい敗戦となりました。
皆様からの温かいご声援、ありがとうございました。

明日も14:00からアイシン・エィ・ダブリュ ウィングスへ挑みます。今日の敗戦は決して無駄にしません。必ずや明日への勝利への糧にして、チーム初勝利を目指します。
ぜひ皆さんの熱いご声援で選手を後押しください。引き続き温かいご声援をよろしくお願いします。

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 47‐53 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

1Q:14‐17
2Q:7‐11(21-28)
3Q:7‐17(28-45)
4Q:19‐8(47-53)

スターティング5

#0梅木智加子
#8渡邊愛加
#11井上愛
#25根来真奈
#31木暮彩華

主な個人スタッツ

#31 木暮彩華 10得点
#0 梅木智加子 8得点/7リバウンド
#11 井上愛 6得点/10リバウンド
#8 渡邊愛加 6得点/8リバウンド

小川忠晴HCコメント

今日の試合では、選手たちは最後までエネルギーを出して戦ってくれていた。
前半、ディフェンスが機能して自分たちのボールにして、そこからオフェンスチャンスを作れていたにもかかわらず、シュートを決めきれていなかった。そういったシュートを決めきれていれば、別の試合展開ができていたかと思う。
後半の出だしで、相手にオフェンスリバウンドをとられ、さらにターンオーバーをしてしまい、リズムが相手に流れてしまった。
その後はみんなバスケットにアタックしてくれて、最後クロスゲームまで持ち込むことができたのは良かった。しかし、最後追い上げる時にやはりターンオーバーをしてしまうなど、終盤になってゲーム展開を読む力が欠けてしまっていた。
試合の前、「相手チームにはオフェンスリバウンドに強い選手がいるから注意しなければならない」とミーティングで伝えていたにもかかわらず相手にいいようにやられてしまった。明日はその点をもっと修正しなければならない。
試合後のミーティングでは、選手たちは自発的に発言して、修正点を話し合っていた。また明日に向けて戦う準備をして、40分間集中して取り組みます。

#10大濱杏華選手コメント

ゲームの出だしからディフェンスが機能し、相手の攻めの流れを崩せたのは良かったです。しかし、オフェンスのシュートが苦し紛れで打たされているシチュエーションが多く、なかなか得点が取れませんでした。
タイムアウトで小川HCからのフォーメーションに関する指示があり、そこからようやく得点が取れて、自分たちのリズムでシュートが打つ事が出来たと思います。しかし、相手にオフェンスリバウンドを連続して取られたり、ファールを多くしてしまい、点差を離すチャンスで離せませんでした。
ここ1本という時のターンオーバーやシュートミス、相手にリバウンドを取られすぎたのが後半に響いてしまったと思います。
今日のゲームで通用した部分は継続し、反省点はしっかりと改善して、全員で強い気持ちを持って明日の試合に臨みます。

#11井上愛選手コメント

今日の試合は「リバウンド」。その一言に尽きると思います。
相手も苦しいシュートをたくさん打っていてディフェンスは機能していたと思いますが、相手にオフェンスリバウンドを何度も取られ、得点されることが多かったです。
オフェンスもいいシチュエーションでシュートを打てていたので、後はどれだけそのシュートを決めてくるかだと思います。
勝てない相手ではないし、明日は課題をしっかり修正して意地でも勝ちに行きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ