• 電気化学工業株式会社
  • 三井生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • 専門学校アップルスポーツカレッジ
  • 新潟医療福祉大学
  • NSGグループ
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • オンザコート

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】2月24日(土)第19回Wリーグ公式戦-第29戦-vsデンソーアイリス

お知らせ

NEWS
2018/02/25

【試合結果】2月24日(土)第19回Wリーグ公式戦-第29戦-vsデンソーアイリス

2月24日(土)第19回Wリーグ公式戦-第29戦- ~水原自動車学校サンクスデー~ 

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます
今季練習の拠点でもある、ホーム「阿賀野市水原総合体育館」にデンソーアイリスを迎えての1戦。
試合開始早々からデンソーの高さを活かしたプレーで攻め込まれ、なかなかディフェンスで流れを作れないラビッツ。第2Q#25根来の3Pシュートが決まり、一気に流れを掴みに行きたいところでしたが、そこからデンソーが一気に12点を奪う攻撃で襲い掛かり、終始主導権を握られる苦しい展開に。
それでも後半に入り意地をみせたいラビッツは、#14畑中が第3Qだけで6得点を挙げるなど、各選手が果敢にゴール下に切り込み、突破口を探します。互いに点を取り合う展開になるも、前半の得点差が響き、追い上げることはできませんでした。

会場での歓声、そしてW-TVからのご声援、ありがとうございました。


 

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 51 ‐ 81 デンソーアイリス
1Q:15-26
2Q:9-26(24-52)
3Q:14-14(38-66)
4Q:13-15(51-81)

■入場者数:418人

スターティング5

#0梅木智加子
#11井上愛
#14畑中美保
#16山澤恵
#23宮崎安奈

主な個人スタッツ

#0梅木智加子・#14畑中美保 10得点
#16 山澤恵 8得点/9リバウンド

小川忠晴HCコメント

前半の2Pシュートのやられ方が悪かった。そこで相手に78%やられているので、そこに対するフォーカスの仕方が悪かったです。
ミーティングでは、デンソーはインサイドが強いのでそこをお抑えようと臨みましたが、ファーストコンタクトでは頑張っているが、セカンドコンタクトでやられたり、ヘルプポジションのポジショニングが悪かったりしてスコアされている。
またゾーンディフェンスをした時に、ウイングのミスマッチから得点差をつけられ、前半の展開になってしまいました。
試合を通じてターンオーバーが多く23個。相手は13個なのでそこで10個の差があるということは、単純計算で20点の差がそこでついてしまっている。相手からのプレッシャーがあろうが、ボールミートの仕方、またキャッチの仕方をしっかりするようにと話しました。
リバウンドに関しては、終盤はキツい中しっかりと絡んでいけてはいたと思います。
デンソーのチームスタイルなどを事前に選手たちに話をしている中で、それぞれの選手が予測したり準備をしておかなければいけない。それが足りている選手と足りてない選手がいるのがいるように感じた。明日のシャンソンはまた違った特徴のあるチームなので、それをしっかりと選手1人ひとりが理解して、こちらが言うのではなく、自分自身で相手をイメージできることが必要だと思います。

 

#14 畑中美保選手コメント

練習拠点として使わせてもらっている会場ですが、普段とは違うコートの作りなので、ホーム感もありつつ、新鮮な気持ちでした。
普段応援してくださっている阿賀野地区のスタンディングエリアの方たちや、練習でお世話になっている地元の方たちがこの大会のためにたくさんの協力をしてくださっているので、それに応えられるゲームがしたかったです。
でも、出だしで後手に回ってしまった部分があり、相手に好きにやられてしまった感じがあります。ディフェンスの連携であいまいになってしまう部分があり、そこをデンソーのセンター陣に得点を重ねられたのが悪かったです。
今日は、中を狙いすぎたパスがミスになったり、自分でリングに向かっている中でファンブルしてしまい、ターンオーバーが多くなってしまった。リングに向かおうとすることは悪いことではないですが、そのミスを2回、3回と続かないようにしなければいけないと思いました。
最近のゲームで多いんですが、タイミングの時にシュートを打たずにドリブルで詰めてしまい攻撃が重くなってしまう場面があり、この前半でもそんな場面がありました。なので、 後半では、タイミングの時に打つという意識を持っていきました。ただ、私もターンオーバーが多かったので、もしミスをした時は切り替えて、違う形で攻撃することを考えなければいけないと感じました。
相手のプレッシャーが強くても、それを自分たちで崩していけるように、オフェンスはどうボールをもらえばいいかなどを選手1人ひとりが考えて攻めたいです。また、ディフェンスではあまり厳しくできていないと感じる部分があったので、ディフェンスからしっかりとやっていきたいです。

 

ゲームフォト

  

 

  

 

  

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • デンソーアイリス
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 富士通 レッドウェーブ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 山梨クィーンビーズ