• 電気化学工業株式会社
  • 三井生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • 専門学校アップルスポーツカレッジ
  • 新潟医療福祉大学
  • NSGグループ
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • オンザコート

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】11月18日(日) 第20回Wリーグ公式戦‐第5節(第10戦)vs富士通レッドウェーブ

お知らせ

NEWS
2018/11/19

【試合結果】11月18日(日) 第20回Wリーグ公式戦‐第5節(第10戦)vs富士通レッドウェーブ

11月18日(日)「第20回Wリーグ公式戦 第5節(第10戦)vs富士通レッドウェーブ

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
11月18日(日)、昨日に引き続き長岡市栃尾体育館にて富士通との対戦。
相手に激しいプレッシャーをかけられるも、得点を取りに行くラビッツ。
次第にブースターさんの声援で後押しされ前半終了時には9点のビハインドを背負う。
しかし、後半になり相手のディフェンスのプレッシャーがさらに激しくなり、得点が伸びにくく。苦しい展開に。最後まで諦めずに戦いましたが、黒星となってしまいました。
温かいご声援をありがとうございました。

引き続き温かいご声援で選手を後押しください。よろしくお願いいたします。

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 46‐ 68 富士通レッドウェーブ
1Q:12‐22
2Q:14‐13 (26-35)
3Q:  6‐16 (32-51)

4Q:14‐17(46‐68)

スターティング5

#0飯島早紀
#1宮坂桃菜
#8渡邊愛加
#11井上愛
#14畑中美保

主な個人スタッツ

#0飯島早紀  8得点/6リバウンド/6スティール
#1宮坂桃菜  8得点/6リバウンド/3アシスト
#7北川直美  6得点/
#11井上愛    5得点/6リバウンド

小川忠晴HCコメント

昨日の試合、また、先週のトヨタ紡織との2試合は少し不甲斐ない試合内容でした。現状、チームの状態も良い状態ではありませんが、選手は本当に厳しい状況の中ですごいエネルギーを出してゲームをしてくれたと思います。
結果は、点差がついていますが、私自身指揮を取りながら楽しいゲームでした。
今日は試合前に行うミーティングのやり方を変えてみました。選手に映像を見せて、「ポジティブでもネガティブでも良いから意見を挙げなさい」と言いました。こういったやり方は、私自身初めてでしたが、選手たちも発言したことには自覚を持って取り組んでくれているように感じたので、やってみて良かったと思っています。
しかし、ゲームの内容的には、良い流れを掴みかけたところでのターンオーバーがありました。それが本当に今日のゲームで悔まれるところです。
富士通は本来得点を取るチームですが、そのチームを68点に抑えられた事は良かったです。その中でも、不用意なターンオーバーからの失点がいくつかあったので、そういったプレーはを気を付けていたらもっと失点を抑えられていたのかなと思います。
ディフェンスに関しては、今取り組んでいるチームディフェンスの方向性は良い方向にに進んでいると感じました。
しかし、オフェンスに関しては、センターでの起点作りが難しいのが現状です。そのため、カッティングやドライブで崩していく必要があります。そこは、ゲームを通じて選手たちが状況判断をできるようになってほしいと思います。

 

#16 山澤愛選手コメント

今日の試合では、チームのディフェンスは昨日から修正することができ、相手の得点を抑えることが出来たと思います。
しかし、そこで自分達の得点が入らなかった事で点差を広げられてしまいました。
前半9点差で折り返したとき、後半でもう少しオフェンスを修正できていたら、違う展開になっていたと思います。
昨日の試合では、チームルールが徹底できず、相手に気持ちよくプレーをさせてしまいました。そのため、今日は全員で、チームルールを徹底しようと意識してプレーした結果、ディフェンスはうまくできたと感じました。
自分自身は、まだプレーの感覚などら思い通りに動けていない部分がああります。そこをもっと調整し、良い準備をして残りの試合に挑みたいと思います。

#0 飯島早紀選手コメント

チームとしての昨日の反省点は、小川HCから指示されている事ができていなかったことです。そのせいで、ずっと相手の流れだったのかなと思います。
その反省をいかし、今日の試合ではディフェンスが機能していたので、そこは継続していかないといけないと思いました。
私自身としては、シュートがなかなか入らない中で、ディフェンスを頑張る事しかできていません。しかし、オフェンスがダメだとしてもやりつづけなければいけないところだと思っています。
今日は、昨日の試合よりはターンオーバーの数を減らすことができました。しかし、まだまだ数は多いので、そのターンオーバーはチームとしてのミスなのか、個人としてのミスなのかをしっかり考え、個人で改善できることは、すぐに改善していきます。また、チームとして改善してしなければいけないことは、次の試合までにしっかり見直して同じミスが出ないようにしていければ、チームは変わっていけるのかなと思います。

#7 北川直美選手コメント

今日は相手の嫌がるプレーだったりハイポストでもらって自分で展開することやリングに攻めようという思いで試合に挑みました。
私が5番ポジションで出たときは185㎝以上の選手を守らなくてはいけなかったので、少しでもプレッシャーをかけて相手が打ちにくいシュートを打たせようとディフェンスをしていました。
今日はチームディフェンスが良かった分自分達のターンオーバーでオフェンスは崩れていったので、ターンオーバーの質や数を減らしていき、オフェンスで得点を取らなければいけません。なので、そこをしっかり修正していかなければならないと思います。


ゲームフォト

  

    

 

栃尾大会ワンデースポンサー

・グリーン産業株式会社 
・株式会社シースリー ・株式会社マルイ ・マルミホーム
・栃尾・見附地区NIIGATA ALBIREXバスケットボール後援会 ・有限会社銅長板金 ・大橋車体 
・有限会社かどや ・株式会社米井瓦工業 ・貴一建装 ・キャロット自動車整備工場 ・クレープやま 
・斎藤鉄筋有限会社 ・有限会社サカイホーム ・佐寅左官 ・サロンファミリー ・株式会社真建装 
・諏佐 工三 ・株式会社扇長 ・たかの電機工業 ・たかはし内科医院 ・どさん子栃尾店 
・有限会社中沢建業 ・有限会社長谷川建設 ・有限会社宝来 ・豊和工業株式会社 ・星 光吉 
・星長豆腐店 ・松生輪業 ・三本 政明 ・有限会社ミサワスポーツ店 ・青木 征一郎 ・ウィッチーズ 
・株式会社カンコー ・串彩鳥 りき ・小林 行広 ・栄屋食堂 ・スサ理美容室 ・惣右衛門茶屋 
・大楽天 ・栃尾ウィザーズ ・栃尾タイムス社 ・有限会社ファッション ジョイ ・山内 大輔
・いろは肉店 ・今井 正彦 ・波形 亘 ・武士俣 誠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • デンソーアイリス
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 富士通 レッドウェーブ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 山梨クィーンビーズ