• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • 専門学校アップルスポーツカレッジ
  • 新潟医療福祉大学
  • NSGグループ
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • オンザコート

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】12月16日(日) 第20回Wリーグ公式戦‐第7節(第14 戦)vs山梨クィーンビーズ

お知らせ

NEWS
2018/12/16

【試合結果】12月16日(日) 第20回Wリーグ公式戦‐第7節(第14 戦)vs山梨クィーンビーズ

12月16日(日)「第20回Wリーグ公式戦 第7節(第14戦)vs山梨クィーンビーズ

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
12月16日(日)、山梨市民総合体育館にて山梨クィーンビーズとの対戦。
試合開始、どちらもそれぞれのリズムに乗れず苦しい展開。先にリズムに乗り出したのは山梨QBだった。しかし、第2Qに入ってからラビッツは自分達のリズムを掴み始めた。途中リードする場面もあったが4点のビハインドを背負い前半を終える。
後半に入り、相手のディフェンスのプレッシャーが激しくなるも、ラビッツは諦めずにリングに向かい相手のファールを誘い、フリースローなどで得点を重ねていく。第4Qでは序盤からラビッツがリードを保ちプレーをするも、途中ミスが続く場面があり点差を詰められる。しかし、慌てることなく最後まで戦い今シーズン初の白星を挙げることが出来ました。
2日間温かいご声援ありがとうございました。
引き続き温かいご声援で選手を後押しください。よろしくお願いいたします。

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 75‐ 73 山梨クィーンビーズ
1Q:  9‐13
2Q:22‐22 (31-35)
3Q:24‐17 (55-52)
4Q:20‐21(75‐73)

スターティング5

#0飯島早紀
#5中山樹
#11井上愛
#14畑中美保
#16山澤恵

主な個人スタッツ

#8渡邊愛加  19得点
#0飯島早紀    18得点/7リバウンド/4アシスト
#11井上愛   11得点/5リバウンド
#1宮坂桃菜  10得点/4リバウンド

小川忠晴HCコメント

勝利できた大きなポイントとなったのは、しっかりとリバウンドに絡んでいったことだと思います。
また、ゲームの出だしは両チームともに重い展開でしたが、そんな中で先にリズムに乗ったのは山梨QBでした。
しかし、悪いリズムでもエネルギーを出し、辛抱強く耐え、前半の得点を離されずについていけた事が勝利へのポイントだったと思います。
第3Qでは、しっかりとゴールに向かってアタックした事で、フリースローを獲得できました。そして、フリースローでしっかりと得点を繋ぐことができたところもポイントだったと思います。
現状で、選手達にメンタルコントロールをさせることは難しいと思いますが、その中でも勝てた事はとても良かったです。次の試合まで期間が空くので、それまでに選手達の成長した姿をお見せできるよう、日々の練習から頑張っていきます。
苦しいシーズンの中、ブースターの皆様からいただく日頃からの応援、また今回のようにアウェイ会場まで応援に来ていただいことは、とてもありがたいことです。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございます。

#0飯島早紀選手コメント

昨日のゲームでは、5ファールで最後までコートに立ってプレーをすることが出来ず、悔しい思いをしました。
そのため、今日はファールを意識してプレーしました。
第4Qでチームがオーバーファールになってしまった時には、「ファールをしないでしっかりと守ろう」とコート上で声掛けをし、全員で気持ちを合わせて挑みました。苦しい場面でも全員で声を掛け合えたことで、ファールをすることなく、最後まで守りきることができました。
昨日の試合後に「このままでは帰れない」という思いがありました。そのため、最後のシュートの場面では、自分で決めに行くんだという強い気持ちでプレーをしました。結果的に、大事なシュートを決めることが出来たので良かったです。

#1宮坂桃菜選手コメント

まず、今回の試合で勝つことが出来たのは本当に嬉しいです。
土曜日の試合を勝つことが出来ず悔しい思いをし、その夜のチームミーティングのときに細かい部分の修正や確認を行いました。2日目の試合では、土曜日での修正点を改善することができました。
しかし、まだまだターンオーバーの数を減らすことや、リバウンドをもっと取れる場面があると思うので、そこを次の日立ハイテク戦までに修正していきます。

#11井上愛選手コメント

何としても、勝って新潟に帰りたかったので、1勝ですが勝つことが出来たことは素直に嬉しいです。
今日は40分間、選手全員が我慢強くプレイしたと思います。
要所でのミスや球際での修正すべきところはまだたくさんあるので、今後はそこを何とか打開できるように練習中から密に連携を取っていきたいです。
たった1勝ですが、このチームで勝利を知らなかったメンバーがほとんどの中で、今回の勝利はとても意味のあるものだったと思います。
これで終わっては意味がないと思うので、この勝利を次のゲームに繋げられるように全員で練習を頑張っていきます。

#16山澤恵選手コメント

今日の試合で勝利できたことは、素直にとても嬉しいです。応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
今日は、オフェンスでもディフェンスでも相手の粘りに負けず、最後まで戦い抜けたことはとても良かったです。しかし、シーズンを通してのチームの課題である「ターンオーバー」や相手のオフェンスリバウンドのところはまだまだ修正していかなければいけませんので、残りの試合に向けて全員で徹底して練習に励みたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ