• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • 専門学校アップルスポーツカレッジ
  • 新潟医療福祉大学
  • NSGグループ
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • オンザコート

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】2月2日(土) 第20回Wリーグ公式戦‐第10節(第19 戦)vs三菱電機コアラーズ

お知らせ

NEWS
2019/02/02

【試合結果】2月2日(土) 第20回Wリーグ公式戦‐第10節(第19 戦)vs三菱電機コアラーズ

2月2日(土)「第20回Wリーグ公式戦 第10節(第19戦)vs三菱電機コアラーズ

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
2月2日(土)、高知県立春野総合運動公園体育館にて三菱電機との対戦。
試合開始、果敢に攻めに行くラビッツ。良い流れで攻めることが出来ている時間帯があり、同点になる場面があった。しかし、相手の高さによりセカンドチャンスを取られてしまったり、自分たちのミスが続いてしまい、前半終了時点で20点のビハインドを背負う。
後半に入り、相手のファールをさそうような攻めを見せるが、ディフェンスでのローテーションミスで相手に得点を与えてしまう。ルースボールやリバウンドで粘り強く戦うが自分たちのミスが続き敗戦となってしまいました。
明日も「高知県立春野総合運動公園体育館体育館」にて、三菱電機との対戦があります。
引き続き温かいご声援で選手を後押しください。よろしくお願いいたします。

 

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 60‐ 75 三菱電機コアラーズ
1Q: 15‐24
2Q: 18‐29 (33-53)
3Q: 17‐7  (50-60)

4Q: 10‐15(60‐75)

スターティング5

#0飯島早紀
#1宮坂桃菜
#5中山樹
#11井上愛
#14畑中美保

主な個人スタッツ

#0飯島早紀    19得点/9リバウンド
#1宮坂桃菜   12得点/8アシスト
#14畑中美保  11得点
#11井上愛     6得点

小川忠晴HCコメント

三菱電機は、Wリーグの中でもサイズがあり、インサイドとアウトサイドのバランスが取れているチームなので、どこに的を絞れば良いか大変難しいチームです。
ディフェンスはローテーションも良く頑張っていたと思います。しかし、相手は高さがあるのでローテーションで守っても20㎝の身長差が生まれてしまいます。相手のガードもリバウンドに絡んでいましたが、セカンドチャンスを与えてしまうケースが多く、そこから得点を許してしまいました。後半では少しずつですが、修正することが出来たと思います。
オフェンスは、積極的にゴールに向かおうとする姿勢を多く見ることが出来たので、そういう部分は継続し、明日も挑みたいと思います。

#0飯島早紀選手コメント

オフェンスでリングにアタックする時間帯が多かったのは良かったと思います。しかし、ファーストブレイク(速攻)に繋げることが出来なかったので、明日はディフェンスリバウンドをしっかりとり、ファーストブレイクに繋げられるよう、修正していきます。

#1宮坂桃菜選手コメント

試合前のミーティングで「リングにアタックすることが大事だ」と話があり、全員がそれを意識出来ていたので、オフェンスでのリズムは良かったと思います。
ディフェンスでの部分では、相手にバットシュートを打たせることまでは出来ていましたが、最後のリバウンドを取られての得点が多かったので、明日はどれだけセカンドチャンスを相手に与えないかチームで徹底していきたいです。

#14畑中美保選手コメント

粘り強く守れている時間帯がありました。しかし、ゴール下付近でリバウンドを取られてしまい、セカンドチャンスから簡単に得点をされてしまったので、明日は、40分間通してリバウンドを確実にものに出来るよう、全員で意識して挑みたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ
  • 新潟アルビレックスBBラビッツ