• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • デンカ生研

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】10月5日(土)第21回Wリーグ阿賀野大会 vsアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

お知らせ

NEWS
2019/10/05

【試合結果】10月5日(土)第21回Wリーグ阿賀野大会 vsアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

10月5日(土)第21回Wリーグ阿賀野大会 vsアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
本日行われました『第21回Wリーグ阿賀野大会アイシン・エィ・ダブリュウィングス戦』の試合結果、コメントをお知らせいたします。

 

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 64‐ 82 アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

1Q:19-22
2Q:31-35(12-13)
3Q:41-56(51-55)
4Q:13-16(64-71)

スターティング5

#1 宮坂桃菜
#11井上愛
#17千葉歩
#23ローヤシン
#33 菅原絵梨奈

主な個人スタッツ

#11井上愛 23得点
#17 千葉歩 12得点
#23ローヤシン  10得点/7リバウンド
#14津田史穂莉 9得点/10リバウンド
#33菅原絵梨奈 3得点/10リバウンド

小川忠晴HCコメント

まず始めに、今シーズンも無事にリーグ開幕を迎えられることを嬉しく思います。
そして、いつも練習会場としてお世話になっているこの阿賀野市水原総合体育館という会場で開幕を迎えられること、また、阿賀野市の関係者の皆様の協力があってこのような素晴らしい雰囲気の中でゲームができたことに感謝しています。
この場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございます。

試合内容に関してですが、スタッツをみる中で、まず3Pの本数とパーセンテージは両チームでそんなに変わっていませんし、ターンオーバーは相手よりも少なく抑えられています。
今日の原因として考えるのは、2Pシュートのパーセンテージの低さだと思っています。また、チーム目標としてフリースローを最低でも15本以上もらおうと今日のミーティングで話をし、結果17本もらっているので本数ではクリアしていますが、決定率が悪く、その点は改善が必要です。

チームとして大きな問題であるリバウンドですが、#14津田と#33菅原が10本ずつリバウンドを取ってくれているので、そこは継続していきたいです。しかし、その中でも「ロングリバウンド」に関しては、取ってほしいところでなかなか取れない場面が多くありました。そこが取れていればゲーム展開も変わっていたのではないかとも思います。

数字だけ見ると上回っていいあり、個で良い数字を残している選手もいるが、チームなのでやはり勝たないといけない。良いところは継続をしながら、チームとしてビハインドになったときにどうしてもボールがシェアできず単発なプレーになってしまうことが多くありました。苦しい場面で我慢が足りなかったと思います。

今日は今日、明日は明日なので、もう一度REATARTというかリセットして、反省は大事だが引きずらないことが大切です。選手自身、映像で振り返った時にチームとしても個人でも良い部分や反省点など感じるところは多くあると思うので、それに対してしっかりと戦う準備をして、明日の試合に臨みたいと思います。
42-_48I9031

#11井上愛選手コメント

チームとして負けてしまったのはいたいです。
全員で「勝ちたい」という強い気持ちをもって臨む中で、前半は流れが新潟に来ている時間帯も多く雰囲気も良かったのですが、後半になり第3Qで失速してしまい、最後残り時間2分を切った頃まで追い上げる雰囲気を作ることができませんでした。その点は、明日に向け修正をしていかなければいけないと思っています。
(23得点については)特にあまり意識はしていなかったですが、みんなが緊張をしている感じがしたので、ベテランがやらなきゃいけないという気持ちはありました。また、開幕戦の最初のシュートは自分が決めたいという気持ちが少しはあったので、それが実行できたことについては良かったです。今日のこの個人スタッツが、今後の試合でも平均でとれたらチームの助けになれるのでそこはやっていきたいです。

今日のゲームでは#14津田選手がコート上でずっとリーダーシップをとってくれていました。どんな状況でも声を出し、「まだやれるぞ」と他の選手の声を掛けてくれていました。津田選手が声でみんなを引っ張ってくれている分、私はプレーで引っ張りたいと思って動いた結果なので、今日のゲームは津田選手に感謝をしたいです。

今日チームとして崩されて失点した部分はすぐに修正をできる部分だと思っています。どんなに苦しくなっても、崩れかけてもチームで約束をしたバスケットを崩さずに40分間やり通すことを、もう1回チームで再確認し、徹底する必要があると思っています。
46-_48I9144

#17千葉歩選手コメント

そこまで緊張なく臨めましたが、この「第1戦」というものにチームとしても個人としても強い想いがあったので、最初からどんどん攻めていこうと思っていました。
(2桁得点に対しては)もう少し取りたかったと個人的に思いますし、決めなければいけないシュートがあったとも思っています。
今日の戦いを通して相手の動き方も見えてきたので、それに対して自分が攻める気持ちを持ち続けた中で、今は自分が攻める時なのか周囲にパスを出すべきなのか、状況判断をしっかりとして戦っていきたいです。
勝ち星をつけることが一番優先すべきことだと思っているので、その中で自分の役割をしっかりと、今日以上に果たしたいと思っています。

#9平典紗選手コメント

学生の頃と会場の雰囲気も違い、Wリーグの会場で多くの観客の前でプレーすることは、緊張もしましたし、負けてしまい悔しいのはもちろんですが、プレー自体は楽しむことができました。
運動量は自分自身の強みだと思っていますし、出場できた時はエネルギッシュにディフェンスから積極的にプレーして、チームに勢いを与えたいとずっと考えていましたし、それが私のやるべき役割だと思っています。今日プレーする中で、ディフェンスから相手を崩せていた部分もあったので、それは明日のゲームでも継続していきたいです。

ゲームフォト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ