• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • デンカ生研
  • MASUO
  • 日承
  • on the coat

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】12月14日(土)第21回Wリーグ公式戦新潟大会 第11戦 大樹生命サンクスデー vsシャンソン化粧品シャンソンVマジック

お知らせ

NEWS
2019/12/14

【試合結果】12月14日(土)第21回Wリーグ公式戦新潟大会 第11戦 大樹生命サンクスデー vsシャンソン化粧品シャンソンVマジック

12月14日(土)第21回Wリーグ公式戦 新潟大会 第11戦 『大樹生命サンクスデー』vsシャンソン化粧品シャンソンVマジック

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
12月14日(土)に行われました、『第21回Wリーグ公式戦 新潟大会 シャンソン化粧品シャンソンVマジック戦』の試合結果、コメントをお知らせいたします。

 

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 54‐ 68 シャンソン化粧品シャンソンVマジック

1Q:11-19
2Q:23-40(12-21)
3Q:33-58(10-18)
4Q:54-68(21-10)

スターティング5

#11 井上愛
#16 山澤恵
#17 千葉歩
#23 ローヤシン
#33 菅原絵梨奈

主な個人スタッツ

#9平典紗 10得点/4アシスト
#12金沢みどり 10得点
#23ローヤシン 9得点/11リバウンド

小川忠晴HCコメント

今日はターンオーバーが多かった。ターンオーバーが多いということは、自分たちの攻撃回数が少なってしまう。ドリブルをついてパスを探してしまっていたり、普段注意していることでもゲームになると焦りからか悪いプレーをしてしまう。中途半端にターンオーバーをするより、個人の持ち味をいかしたプレーをするべきだと伝えました。
ディフェンスは、今取り組んでいることが表現できていて、良いディフェンスになっていた。ボールへの執着心が出て、プレッシャーをかけたことで相手のシュートが入らない場面もあった。今日の第4Qのようなプレーを、明日のゲームにも繋げてほしい。
前回の三菱電機戦でもそうでしたが、第4Qでは得点を獲れている。点数がビハインドになっている時に頑張るのは当たり前。第4Qのような勢いあるプレーをいつでも・誰が出ていてもしなければいけない。ということを改めて話しました。

#7北川直美選手コメント

(第4Qへは)とにかくコミュニケーションをとりながらプレーすることを意識していました。コートの中で皆が一つになるために、時間が少しでもあれば円陣を組もうと意識して声掛けをしました。ゲームの最後の方は、自分たちの思った通りのプレーもできていた場面があったのは良かったです。しかし、小川HCの指示を最後まで徹底できていないプレーもいくつかあったので、明日ははもう一度整理をして取り組みたいです。
小川HCからも、「最後頑張れることは良いことだが、ゲームの入りからやらなきゃいけない」と言われましたが、私自身この40分間で感じました。ゲームのスタートからエンジンをかけて、エネルギーを出してプレーすれば、もっと戦うことができると思います。入りだしから自分たちのバスケットをしたいです。

#9平典紗選手コメント

この1週間は、これまでの課題だったターンオーバーへの対策を小川HCと取り組みました。どんなプレーでのターンオーバーが多いかを振り返り、対策できたことが今日の結果(ターンオーバー「0個」)に繋がったと思います。チームとしても意識はありましたが、特に個人的に小川HCに相談していた点だったので、思っていた動きができたのは良かったです。
第4Qで追い上げることは、前回の三菱電機戦や日立ハイテク戦でもできていることです。あの苦しい時間帯にみんなで動けて追い上げることができるなら、第1Qの始めのプレーからできることがあるはずです。明日は、今日の第4Qの気持ちで第1Qから戦いに行こうと思っています。

#12金沢みどり選手コメント

(今日のシュートは)#9平選手からの良いアシストのおかげで、私はゴール下でノーマークにしてもらって、シュートを打ちだけ。というようなシュートだったので、本当にアシストのおかげだと思います。
ベンチで試合を見ていて、ドライブにいけているのに最後のシュートが入っていない等苦しい状況だったので、自分が出たときは自分にできることを積極的にプレーして得点できるチャンスを掴みたいとずっと思っていました。
久しぶりのホーム戦で、会場にたくさんのブースターの方が来てくれていたので、チームとして「このままでは終われない」という思いがありました。勝つことはできなかったですが、最終クオーターに少しでもチームとしての姿を見ていただけたのかなと思いますし、明日のゲームに繋げていきたいです。
前半に得点差をつけられてしまい、どうしても苦しい展開にしかならないゲームが続いています。今日のゲームでは相手を「68点」に抑えられたことは良かったと思いますが、私たちの目標は1試合70得点以上をすることなのでもっと自分たちの得点を獲れるように、今日の第4Qのような勢いを最初からチームで出していきたいです。

ゲームフォト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ