• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • デンカ生研
  • MASUO
  • 日承
  • on the coat

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】12月15日(日)第21回Wリーグ公式戦新潟大会 第12戦 大樹生命サンクスデー vsシャンソン化粧品シャンソンVマジック

お知らせ

NEWS
2019/12/15

【試合結果】12月15日(日)第21回Wリーグ公式戦新潟大会 第12戦 大樹生命サンクスデー vsシャンソン化粧品シャンソンVマジック

12月15日(日)第21回Wリーグ公式戦 新潟大会 第12戦 『大樹生命サンクスデー』vsシャンソン化粧品シャンソンVマジック

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
12月15日(日)に行われました、『第21回Wリーグ公式戦 新潟大会 シャンソン化粧品シャンソンVマジック戦』の試合結果、コメントをお知らせいたします。

 

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 45‐ 68 シャンソン化粧品シャンソンVマジック

1Q:15-22
2Q:25-39(10-17)
3Q:33-57(8-18)
4Q:45-68(12-11)

スターティング5

#7 北川直美
#8 渡邊愛加
#9 平典紗
#12 金沢みどり
#14 津田史穂莉

主な個人スタッツ

#7 北川直美 11得点/4リバウンド
#8 渡邊愛加 11得点
#23ローヤシン 10得点/5リバウンド

小川忠晴HCコメント

今日のスタートメンバーは、昨日の終盤に出場していた選手たちが高いモチベーションを維持していると思い、思い切って起用してみました。オフェンスでは、2Pシュートは#7北川・#8渡邊がうまく得点を重ねてくれました。しかし、3Pシュートの確率が低く、ここがもう少し高い確率で成功していれば試合展開は変わっていたのではないかと考えています。
試合を通じてみると、フリースローの数が圧倒的に少なすぎます。シャンソンと比べたときに、フリースローの得点差が14点の差が開いてしまっています。この差の原因が何なのかは、これから改めて映像を確認して明確にしていきます。
序盤、ファールのとられ方に傾向があったので、そこを修正するよう指示を出すと数名の選手が実行していました。シャンソンがどんなチームなのか、どんなプレーが多いのかを、選手自身がもっとアンテナを張って、危機管理しながらプレーしなければいけません。相手にやられてしまうこともあるとは思いますが、その数を少しでも減らす努力を選手たち自身がしなければいけません。チームルールの元、全員が共通認識を持ってプレーをし、相手にプレッシャーを与えるべきなのに、後半に入ってから選手の誰かがというよりは、チームの流れの中で「ゆるむ」ように見受けられました。
「パスの質」も良くなかったです。バウンズパスが有効なのかチェストパスが良いのか、その選択が悪いためにパスが通らない場面が多かった気がします。
この2試合を通じて良かったのは、インサイドでセンター陣が得点を獲れたことです。コンスタントに得点を重ねていけるようになってくれたら、アウトサイドの選手たちも動きやすくなり、もっと得点を伸ばせていけると期待できると思っています。

#7北川直美選手コメント

昨日のゲームは選手たち全員が納得できていないゲームでした。そのため、「昨日の第4Qのようなゲームをしよう」ということは選手たちで話をしていました。その上でスタートのメンバーに選んでいただいたので、チームの代表として出場することもあり、気持ちで絶対に負けないと思い、ゲームに臨みました。
リバウンドを相手にとられすぎてしまったことが多かったのは反省点です。それが数本でも多くとれていれば相手の得点も少なくできたし、私たちの攻撃回数をもっと増やすことができて、もっと点差が縮まり違うゲームができていたと思います。
出だしは悪くなかったと思ったのですが、スコアだけを見ると第3Qで得点を伸ばせなかったことが負けた原因なのかなと思いました。相手が第3Qにエンジンをかけてくることは予測できていたし、それを上回るエネルギーで戦わなければいけなかったのにそれができませんでした。
課題はオフェンスだと思っています。チームとして目標としている「70点」を超えることができていないので、ディフェンスも大事ですが、勝つためには70得点というラインを越えていかなければいけないと思っています。

#9平典紗選手コメント

スタートに選ばれると思っていなかったですが、ゲームの出だしから離されないよう、しっかり相手についていこうという気持ちでプレーしました。
ディフェンスでは、チームとして守りのポイントが分かってきたので、それは今後の試合でも継続していきたいです。
オフェンスでは、ボールが回り全員でシェアできていれば自分たちのバスケットができるというのが分かったので、それは自信になりましたし、やり続けたいです。
個人的には、先週の試合からの1週間で反省し修正してきた点があったんですが、改善できたこととできなかったことがはっきり分かれたゲームでした。

#12金沢みどり選手コメント

(初めてのスタメンは)少し緊張しましたが、昨日の第4Qとやることは変わらないと思って臨みました。昨日のように得点をとることはできなかったですが、ディフェンスの部分では貢献ができたのではないかと思っています。しかし、スタートで出るならもっとチームに勢いを与えなければいけなかったし、それができればゲームの流れも違ったものにできていたのかもしれないです。
試合に出れたときは自分ができることをやろうと決めていましたが、今日は得点の部分で悔しさの残るゲームでした。
ゲームを重ねてチームとしてのまとまりはできているのかもしれないですが、開幕に比べるとどんどん得点が下がってきてしまっています。そこは修正をしていかなければならないと思っています。

ゲームフォト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ