• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • デンカ生研
  • MASUO
  • 日承
  • on the coat

ホーム - ニュース一覧 - 【試合結果】2月22日(土)第21回Wリーグ公式戦五泉大会 第15戦 DENKAサンクスデー vs山梨クィーンビーズ

お知らせ

NEWS
2020/02/22

【試合結果】2月22日(土)第21回Wリーグ公式戦五泉大会 第15戦 DENKAサンクスデー vs山梨クィーンビーズ

2月22日(土)第21回Wリーグ公式戦 五泉大会 第15戦 『DENKAサンクスデー』vs山梨クィーンビーズ

いつも新潟アルビレックスBBラビッツへ温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
2月22日(土)に行われました、『第21回Wリーグ公式戦 五泉大会 山梨クィーンビーズ戦』の試合結果、コメントをお知らせいたします。

 

試合結果

新潟アルビレックスBBラビッツ 74 ‐ 66 山梨クィーンビーズ

1Q:13-18
2Q:27-42(13-24)
3Q:44-50(17-8)
4Q:64-64(20-14)
OT:74-66(10-2)

スターティング5

#1 宮坂桃菜
#11 井上愛
#14 津田史穂莉
#16 山澤恵
#33 菅原絵梨奈

主な個人スタッツ

#7北川直美 17得点/19リバウンド
#14津田史穂莉 16得点/5リバウンド/6スティール
#1宮坂桃菜 11得点/7アシスト/4スティール

小川忠晴HCコメント

最後まで気持ちを切らさずに頑張れたゲームだったと思います。第2Qは相手からの仕掛けを予測できず、対応することができませんでした。あれは、予測できなかった僕の責任であり、選手たちには責任はないと思っています。後半の最初からゾーンを仕掛けたことがうまく機能してくれたので、最後までもつれる試合展開に持っていくことができました。
試合前、山梨QBはオフェンスリバウンドで2桁以上取ってくるチームなので、それを10以下に抑えるよう指示をしていました。最初は相手にリバウンドを取られてしまうこともありましたが、ゾーンをするようになってから取れるようになりました。チーム全体がボールへの執着心を持てた結果ですし、特に#7北川と#11井上がチームの中で体現し、コート上で表現してくれていました。
今日のゲームは、もちろん内容も大事ではありますが、自分たちにとっては遠かった「勝利」の2文字を掴めたことが良かったです。この勝利が明日の選手たちにとって、プラスに働いてくれると期待しています。

#5 中山樹選手コメント

ホームで白星を獲れたことは嬉しいですし、私自身ホームでの勝利は初めてなので素直に嬉しいです。(試合後、コート1周をしたのは)味わったことがない感覚でしたが、鳥肌が立ったような感じでした。
試合を通じて、ターンオーバーやシュートがあまり入らなかったのですが、そこで落ち込んでもプレーは悪くなるだけだと思ったので、まずは走ることだったり、積極的にゴールにアタックし続けることを意識しました。それが結果に繋がったのは良かったです。
途中点差が離されてしまう場面もありましたが、そういう時こそコートの中だけでなく、ベンチのみんなも集中を切らさなかったことが勝因に繋がったと思います。チームの雰囲気が良くない時でも、みんなが悪くなるのではなく、ベンチも一体となってやらなければいけないと考えました。
明日は相手ももっと当たってくると思います。私自身、今日のゲームの中での反省点を明日のゲームに繋げ、連勝できるように頑張っていきます。

#7北川直美選手コメント

スタッツはあまり意識していなかったですが、結果として数字が良かったのは嬉しいです。明日のゲームでも継続できるよう頑張ります。自分のチームの中の役目の1つとして「リバウンド」があると思っているので、自分の仕事はちゃんとやろうと決めてコートに立っていました。その結果が数字として出たのは良かったです。でももっと取れたとも思いますし、大事な場面で相手に取られてしまっていたので、そこはチームとして修正をする必要があると感じました。
延長戦になっても、最後まで攻め続けようという気持ちがありました。どんな時でも24秒間ゴールに向かって攻め続けようという気持ちでやり切れたのが良かったと思います。
今日のゲームが始まる前、小川HCから「今日はエネルギーが1つキーになる」と言われていて、相手もアグレッシブにプレーしてくる中、自分たちもそれを超えるアグレッシブさで戦わなければいけないと思って臨みました。延長戦になってからは特に「絶対エネルギーで負けない」と思って戦いました。
土曜日勝てたことはこのチームにとって大きな収穫です。明日の山梨QBは今日以上のエネルギーで戦いにくると思うので、それに受け身にならず、もう一度白星を取れるように頑張ります。

#11井上愛選手コメント

(勝った瞬間は)ほっとしました。
バタバタとミスを続けてしまう場面もありましたが、それでも我慢して我慢して追いつく力をみんなが見せてくれたので、久しぶりに頼もしい後輩の姿を見れました。
ハーフタイムに入ってすぐ「忘れろ」と声を掛けました。「やってしまったことはしょうがないから、後半切り替えてやろう」という話をしました。全員がそれをわかって気持ちを切り替えて臨んでくれたのは本当に良かったです。
(ホームでの勝利は)本当に嬉しかったです。たくさんのお客さんが来てくれていて、勝つと皆さん笑顔で「よく頑張った」って言ってくれていました。最後にコート1周をしている時も「明日も頑張って」と声を掛けてくださいました。ただただ本当に嬉しかったです。また明日もみんなの笑顔を見たいと心から思いました。

#14津田史穂莉選手コメント

(最後の3Pシュートは)とにかく入れと願うだけでした。入ってくれて良かったです。正直練習ではあまりシュートが入っていなかったのですが、試合では打っていかないと入らないと思っていたので、とにかく思い切って打ちました。
(古巣との対戦は)やりづらい思いはありました。しかし意識しすぎず楽しめたとは思っています。
山梨QBは明日に向けてすごく研究してくると思います。私たちは、今日のゲームの入りが良くなかったという反省もあるので、明日は自分たちのペースで試合を展開できるよう、アグレッシブに頑張りたいです。

#16山澤恵選手コメント

第4Qまでみんなが繋いでくれた延長戦で出場することになり、気持ち的には「これで負けたら自分のせい」だという思いで臨みましたし、絶対に負けないと強い気持ちと責任を持ってコートに立ちました。それでも、あの流れでコートに立つことは緊張しました。しかし、ここで焦った様子を見せることはダメだと思いましたし、冷静にプレーしようと思いました。特にボール運びでのターンオーバーは瞬時に流れを変えてしまうので、ボール運びは意識をしていました。(相手のプレッシャーは強かったですが、)コートに立っているのは自分だけではないですし、そこは自分で抱えすぎず、全員でボールを繋ぐことができたと思います。
(久々のホームでの勝利は)嬉しかったです。やっと勝てたなという思いでした。絶対に勝たなければいけない試合だと全員が思っていた試合でしたし、安心はしましたが、まだ明日もあります。気持ちが切れた方がやられると思うので、気持ちだけは相手に負けずにまた挑んでいきたいです。

ゲームフォト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ