• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • MASUO
  • 日承
  • on the coat

ホーム - ニュース一覧 - 【戦評掲載】11月1日(日)第17回Wリーグ公式戦 vs三菱電機コアラーズ

お知らせ

NEWS
2015/11/01

【戦評掲載】11月1日(日)第17回Wリーグ公式戦 vs三菱電機コアラーズ

『11月1日(日)第17回Wリーグ公式戦 vs三菱電機コアラーズ』

DSCF1364

1Q:新潟20-15三菱電機

 何とかして今季初勝利を上げたい新潟、連勝して弾みをつけたい三菱電機共に激しいマンツーマンディフェンスで始まった立ち上がり。新潟はキャプテン#34出岐が3PTSで先制すると#14畑中もゴール下に走り込み主導権を握る。高さで優位に立つ三菱電機は#24王を中心に攻撃を展開するが、新潟は#53近藤と#14畑中が体を張って新潟ゴールを死守する。それでも三菱電機は#45渡邉のスピードと#12風間の連続シュートでゲームの流れを引き寄せると#24王がゴール下から押し込み逆転に成功。終盤、食い下がる新潟も#34出岐の速攻に#11井上のジャンプショットで最逆転、20-15とリードして1Qを終える。

2Q:新潟28-25三菱電機(8-10)

 三菱電機#24王と新潟#14畑中の激しいインサイドの攻防から始まった2Q、先制したのは新潟#34出岐のバックショット。三菱電機も#45渡邉を中心に攻撃を展開するが、新潟は#21君山が必死のディフェンスで新潟の流れを繋ぎ止める。中盤からは両チーム共に更にディフェンスが厳しくなるとゲームは膠着するが、三菱電機は#45渡邉のスピードを突破口に新潟を追い上げる。それでも新潟はインサイド陣がリバウンドで頑張ると#34出岐の速攻に繋げ28-25とリードを守ってゲームを折り返す。

3Q:新潟45-41三菱電機(17-16)

後半は三菱電機が#24王のインサイドから先手を取るが、新潟はすかさず#53近藤が内外から三菱電機のゴールを揺らし、傾いた流れを離さない。三菱電機も#45渡邉がセットプレイからゴール下に走り込み、白熱の接戦は中盤まで続く。残り3分を切り新潟はルーキー#10大濱のリバウンドから、#21君山の速攻と#53近藤の3PTSで一歩抜け出すが、三菱電機は#24王のインサイドに#9小菅のミドルショットで再び追い上げ、45-41として最終Qへ。

4Q:新潟59-61三菱電機(14-20)

 #24王を基点に新潟ゴールを攻める三菱電機に対し、新潟は#53近藤が3PTSで応戦、三菱電機も#45渡邉が3PTSを入れ返し、両チームとも一歩も譲らない攻防が続く。中盤を過ぎると三菱電機は#2松本と#12風間がミドルレンジから続けて放り込み逆転に成功する。残り1分、新潟は#6稲本のミドルショットで59-58と再逆転、三菱電機を最後のタイムアウトに追い込む。残り8秒、新潟のアウトオブバウンスから最後のオフェンスにかける三菱電機は、#54渡邉のバスケットカウントで土壇場でゲームをひっくり返し、59-61と熱戦に終止符を打った。

炭田HCコメント

開幕戦の紡織の試合もそうだったが、彼女たちはまだ勝ち方を知らない。非常に言い方は悪いが勝負に対してプレーがまだ甘い。相手には決定的な能力の持ち主がいたこともあったが、うち(新潟)は最後まで競っていたがリードをしていた。普通でしたらリードをしたまま逃げ切れるところだったのだが逃げ切れないところにこのチームの弱さがあると感じました。前半の終わり方が悪かったのも「前半だからいいだろう。」という気持ちがどこかにあったと思う。1点、2点を争うゲームだったのでもう少し離して前半を終えることができればと思いました。また今日のようなゲームをして、勝てるようになっていかないと駄目だと思います。

出岐選手コメント

全員昨日よりも攻め気はありました。いいリズムで打つからシュートも入るし、リバウンドも入れるという流れができていたのでその部分は良かったと思います。特に悪い流れがずっと続いているわけではなかったのでその部分も良かったと思います。悔しい中でも得られたものとして、「気持ち」さえ持てば自分たちも(格上のチームと)戦うことができるということに気付けました。相手が誰であろうと失うものはなにもないので、自分たちの勝ちたい気持ちを出せれば自分たちのリズムでゲームができると思います。

近藤選手コメント

競っても勝たなくては意味がない。紡織戦の時も最終的に同じコメントを残しましたが、勝ちきれなくて悔しいし申し訳ない気持ちでいっぱいです。今週の反省点として、ドライブをしたときにもう少し周りを生かせるように視野を広くすればチームとして攻撃できるのではないかというのが個人としての反省でもあり課題です。

ゲームフォト

DSC_2998 DSC_2484 DSC_2467 DSC_1816 DSC_2233

主な個人スタッツ

#6 稲本聡子 11得点、6アシスト、5リバウンド
#34 出岐奏 19得点、6リバウンド
#53 近藤紗奈 21得点、11リバウンド

■入場者数:704人

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ