• 電気化学工業株式会社
  • 大樹生命保険株式会社
  • 新潟日報
  • ONE&PEACE株式会社
  • エヌエスエス株式会社
  • NSGグループ
  • 新潟医療福祉大学
  • 株式会社ジェイ・エス・エス
  • MASUO
  • 日承
  • on the coat

ホーム - ニュース一覧 - 【戦評掲載】12月12日(土)第17回Wリーグ公式戦 vsアイシンAWウィングス

お知らせ

NEWS
2015/12/13

【戦評掲載】12月12日(土)第17回Wリーグ公式戦 vsアイシンAWウィングス

【アウェイ戦】『12月12日(土) 第17回Wリーグ公式戦 vsアイシンAWウィングス』

1Q:アイシンAW20−10新潟

 両チーム共マンツーマンディフェンスで試合開始。先ずはアイシンAW#11諏訪がゴール下のシュートを決め先制する。続いてアイシンAW#0佐藤も2PTSを決める。対する新潟は#14畑中が連続3PTSを決める。その後はアイシンAWが#6田中の3PTS、#1馬瓜の2PTSを決め、じわじわと点差を広げる。しかし、新潟も#11井上、#6稲本が2PTSを決めて食い下がり、残り2分、10-14でアイシンAWリード。その後、アイシンAWは#15濱口が連続シュートを決め、更には#1馬瓜がファール貰い、2スローをきっちり決めて突き放し、10-20とアイシンAWが10点リードで1Q終了。

2Q:アイシンAW45−26新潟(25−16)

新潟が#34出岐のシュートで先制するも、すぐさまアイシンAW#4前田が3PTSを決める。続いて新潟#14畑中が連続で2PTS、3PTSを決め、新潟は徐々に点差を縮めて行きたいところだが、アイシンAWが#1馬瓜、#6田中を中心に得点を決めて点差を広げて行き、残り5分時点で17-33でと大きく点差が開く。その後新潟は#10大濱が2PTSを決めるが単発に終わり、アイシンAWは更に#1馬瓜、#6田中を中心に得点を重ねていく。新潟はシュートを打つがなかなか決まらず我慢のゲームが進む。残り1分を切って新潟は#53近藤のシュート、#21君山の3PTSが決まるが、26-45とアイシンAWリードで前半終了。

3Q:アイシンAW63−39新潟(18−13)

後半に入り、新潟はディフェンスを2-3のゾーンディフェンスに変え、開始早々#34出岐が3PTSを決めて幸先の良いスタート。アイシンAWがゾーンディフェンスをうまく攻めきれない中、新潟は更に#11井上、#14畑中、#0梅木がシュートを決めるなど流れを掴むかに見えたが、アイシンAWも徐々にゾーンディフェンスを攻略、#1馬瓜のシュート、#0佐藤が3PTS、2PTSを決め、主導権は渡さない。アイシンAWは#15濱口が2PTS、3PTSを決めて更に点差を広げ、39-63とアイシンAWが大きくリードして3Q終了。

4Q:アイシンAW84−62新潟(21−23)

4Qに入るとアイシンAWはベンチメンバーを投入。新潟はアイシンAWがややもたつく間に#14畑中の3PTS、#34出岐がファールを貰い2スローも着実に決めるなど追い上げにかかるかに見えたが、アイシンAWも#5瀧井の3PTSなどで、これを食い止め、残り3分50-75でアイシンAWがリード。アイシンAWはその後も#3奥原、#24藤木らが次々ポイントを決める。新潟は終盤に#34出岐が3連続で3PTSを決め気を吐くがそれまでのビハインドは大きく、62-84でアイシンAWが勝利した。

炭田HCコメント

点差ほど内容の差は無いと思います。これまでの試合と比べても内容は良く、チームの状態は悪くない。シュート、リバウンドなどプレー全体の少しの差だと思います。明日に繋がるゲームだと思うので、また修正をして、明日の試合に臨みたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WJBL バスケットボール女子日本リーグ機構

  • JXサンフラワーズ
  • 三菱電機 コアラーズ
  • トヨタ自動車 アンテロープス
  • デンソーアイリス
  • トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
  • 羽田ヴィッキーズ
  • 富士通 レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス
  • 山梨クィーンビーズ